こんなカップルにおすすめ

このページでは、フォトウェディングがどんなカップルにオススメなのかをリサーチしています。

こんなカップルがフォトウェディングを活用しています

今、フォトウェディングを利用するカップルが増えています。その理由を調べてみました。

お金と時間がかかる挙式はパス!

結婚式は、とにかくお金のかかるものです。挙式や披露宴パーティなど、総額にすると平均で330万円の出費になるとか。また準備には半年近く時間がかかり、「席はどうするか」「挨拶は誰に頼むか」などデリケートな問題も山積み。「大金を投じて、大掛かりな結婚式を行う必要性を感じない」というカップルは年々増加しているようです。

けれどもせめて、憧れのウェディングドレスだけは着てみたい。旦那さんにもタキシードを着せて、写真を残しておきたい。フォトウェディングは、低予算でこの望みを叶えてくれる最良の方法です。浮いたお金は新婚旅行や新居の費用にあてることもできますから、形式より実利を取る現代のカップルに、ぴったりのブライダルスタイルと言えるかもしれません。

結婚式ではドレスを着たけど、着物も着てみたい

また節約志向とは反対の理由から、フォトウェディングを利用するカップルもいます。式当日は、時間などの都合で断念した和装へのお色直しに再挑戦!というわけ。日本独自の雰囲気が演出できるうえに、親御さんたちからも概ね好評なスタイルですから、せめて写真だけでも、という気持ちも充分理解できます。そんな若奥様の、贅沢なわがままに応えてあげる旦那さんも素敵ですよネ。

式当日は忙しくて、納得のいく写真が残せなかった

結婚式当日は、あっという間に時間が過ぎていきます。挙式が終わればすぐ披露宴。挨拶、余興、お色直しやらで、ゆっくり楽しむ暇もないほどの忙しさです。そんな中で、慌しく撮影した写真を後から見てみると、自分の思い通りに仕上がっていることは、ほとんど無いんですよね。

フォトウェディングは、じっくり打ち合わせを重ね、撮影でも比較的ゆっくり時間を使えます。「モデルのようなアングルで撮りたい」「背景にこだわりたい」などの希望も叶える事ができるので、クオリティの高い記念写真を残すことができるのです。

諸事情で結婚式は控えたい

フォトウェディングは、「できちゃった婚」のカップルにもオススメです。妊婦さんの身体に、結婚式は結構ハードな仕事。「途中で体調が悪くなったら…」と心配しながら式をするのは、ちょっと嫌ですよね。フォトウェディングを行うスタジオには、さまざまなサイズのドレスが準備されていますし、体調を見ながらゆっくり撮影ができるので、安心です。

また「再婚なので式は控えたいけれど、記念は残したい」というカップルや、「式は行わずに来たけれど、最近フォトウェディングというサービスがあることを知り、家族揃って撮影に臨んだ」という利用者も数多いようです。

気軽にできるフォトウェディングで、幸せな二人の最高の一瞬を、ぜひ記念に残して。

コンテンツ一覧